小学生の恐ろしさ

チビ達をうちに連れて来たのはお向かいの子。





2日後に「猫見せてくださーい」って来たのは
拾った張本人とお向かいの子。
こん時に母が,
「もう連れてきても面倒見れんけ,
もしまた見つけたら動物病院に相談しんさいね」
と一言。
まさかいい年した娘が号泣したとは言えないので
「お姉ちゃんがおじさん(父)に怒られたけーね」と。
これを聞いたお向かいの子の父上から謝罪があったそうな。
いやー,事を大きくしないでー;;

それからまた数日後に来たのは,拾った張本人とその友達。
「わー,目ひらいとるー」
「元気になっとるねぇ」
と微笑ましい会話をしたあとに
「捨てられとったけ飼ってあげてください」って
お向かいの子は言いよったのに


「お母さん猫が探しよるけ拾ったとこに
連れて行ってみようと思うんです(だから貸して)」って。




はい?

母猫が鳴いているのを見たと自分のお母さんに言ったら
「お母さん猫が子猫を探しよんよ」
と言われたから拾ったとこに戻すとか言い出したんだっけ?
(この時も対応したのはうちの母)
捨て猫ちゃうのん?
野良猫の子供かっぱらってきたん?
え,何?訳分からん。

さすがに母も呆れてっつーか,
「今さら戻したら凍え死ぬじゃろ?家じゃけ湯たんぽがあって寒くないし,
ご飯もね,お姉ちゃんが買ってきてあげよるけ
こんなに元気になって目もあくようになったんよ。
お姉ちゃんが一生懸命世話しよるけんなんよ」
とか何とか広島弁炸裂でプチ説教。
私が超世話してるような口ぶりですが半分以上,母が面倒みてます。

納得したのか,母の威力にビビッたかは不明だけど
チビ達が再び外に戻る事はなく今に至ります。

自分も小学生の頃って無茶なこと言ったりやったりしてたんで
この子達の気持ちは分からんでもないけどまぁ正直,引いた。
でもこの子達のおかげでチビ達の命は救われたんだし
差し引き0にしておきましょう。

ありがとう。


ポチッて、してもらえると嬉しいです(=^ω^=)
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ にほんブログ村 猫ブログ MIXブチ猫へ にほんブログ村 猫ブログ MIXキジ白猫へ 広島ブログ
[PR]

by yebisu417 | 2009-10-22 21:58 | 雑記